【文部科学省認定講座】 行政書士講座

【文部科学省認定講座】 行政書士講座
受 講 料37,000円
受講期間6ヵ月
在籍期間12カ月
教材内容テキスト:6冊
マスターノート:1冊
模擬問題集:1部
学習マニュアル:1冊
添削課題:1冊
月例課題提出:5回
修了課題提出:1回

※申し訳ございませんが、お支払い方法に代金引き換えはご利用できません。

■本講座のねらい

本講座は、行政書士試験合格を目指す講座です。
総務省所管の国家試験で、①官公署に提出する書類等の作成。②書類の提出手続きの代理。③契約書等の書類作成の代理。④書類の作成に関する相談などの業務を行います。
業務範囲はきわめて広範にわたり官公署に提出する書類の作成の多くが含まれています。行政書士には市民(法人含む)と官公署との間に立つ町の事務弁護士さんとしての立場から、行政事務の効率化に貢献すると同時に市民の良き相談相手となる役割が求められています、

■受験対象者

・行政書士試験の合格を目指す方 ・憲法、民法等の法律の概要を理解したい方

■講座の特色

  1. 本講座は、法律学者やベテランの行政書士がテキストの執筆やリポートの添削指導を行います。
  2. テキスト中の練習問題と模擬問題集で国家試験の出題傾向を把握することができます。
  3. マスターノート(穴埋式問題集)の活用でテキストの重要事項を体系的に理解することができます。
  4. 会報(9ヶ月送付)で法改正事項や時事問題に関する最新情報をお届けします。

■カリキュラム

単元学習内容
1.憲法諸制度の基本原理を学習し最高裁判例を研究する
天皇、基本的人権、国会、内閣、司法・最高裁判例等
2.行政法基本原理と行政に関する諸法令を学習する
行政法総論、行政手続法、行政不服審査法等
3.民法基本制度を学習し、判例で事例を研究する
総則、物権、債権、親族、相続、最高裁判例等
4.商法会社法の各制度を学習し、相互間の関係を理解する。
商法総則・商行為、会社法等
5.基礎法学法学の基本的事項及び種々の法律制度等を学習する。
法の意義、社会規範、法と正義、法源等
6.一般知識社会分野につき、政治・経済・社会の諸制度と実際について、情報関連につき、関連する法令と諸制度について、文章理解につき、語彙の基本と文章の読み方について学習する。
政治・経済・社会に関する知識、情報通信・個人情報に関する知識、文章理解に関する知識等

(一財)日本経営教育センター 提携講座です